ケアライフくろい 茅の輪くぐりと誕生会

こんにちは、ケアライフくろいです(^^)

神社で6月30日と12月31日の年2回行われる大祓をご存じですか?

大祓は、大祓詞を唱え、人形ひとがた(人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪ちのわを神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。(神社本庁HPより)

7月になりましたが、ケアライフくろいでは無病息災を祈願して、茅の輪くぐりをしました。

職員が、新聞紙とビニールテープで手作りした茅の輪です。

次回は茅で作れたらいいな・・・!

鳥居も手作りです。

茅の輪を1.左回り2.右回り3.左回りして、お参りします。

神社の曲も流して、本格的!

目が回らないように、気をつけてくぐったら、鳥居に向かって手を合わせます。

今年のあと半分も、無病息災、元気に過ごせますように♪♪

茅の輪くぐりをした後は、6月・7月生まれの方の合同誕生会をしました。

お誕生日を迎えてのお気持ちを、一言ずつお話していただきました。

みなさん、お誕生日おめでとうございました!